ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 村政情報 > 財政 > 阿智村辺地対策総合整備計画

阿智村辺地対策総合整備計画

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月23日更新

計画策定の趣旨

辺地とは、交通条件及び自然的、経済的、文化的諸条件に恵まれず、他の地域に比較して住民の生活水準が著しく低い山間地、
離島その他のへんぴな地域で、住民の数その他について政令で定める要件に該当している地域をいいます。
こうした地域間格差をなくすことを目的に制定された「辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律」
に基づき「辺地対策総合整備計画」を定めることで、辺地対策事業債等により財政上の支援が行われます。

辺地の要件

地域の中心(固定資産課税台帳に登録された宅地の3.3平方メートル当りの価格が最高の地点)を含む5平方キロメートル以内の
面積の中に50人以上の人口を有しており、辺地度点数(省令に基づくへんぴな程度を示す点数)が100点以上である地域が対象となります。
阿智村では、平成30年4月1日現在6地区の辺地があり、平成30年度から平成34年度(2022年度)までの5年間の整備計画を策定しました。

国の支援措置

市町村が策定する「辺地対策総合整備計画」に基づいて実施する公共的施設整備について辺地対策事業債を財源とすることができます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)