ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

不妊・不育症治療について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月1日更新

 

芽ばえ支援事業(不妊・不育症治療補助事業)のご紹介

 「不妊治療をしているけれど、金額の負担が大きいな」とお悩みの方へ補助制度のご紹介です。不妊症に関する治療に対し、その治療費の一部について阿智村が助成を行います。

対象となる方

阿智村に住所を有した日から1年以上を経過し、かつ現に阿智村に住所を有する夫婦で、不妊症の治療を必要とされた方。

支援の流れ

  1. まずは、阿智村保健センターに電話等でお問い合わせください。
    申請書類等をお渡しします。平日来ることができない方は事前にご連絡ください。
  2. 申請書類の「芽ばえ支援事業支援金交付申請(請求)書(様式第1号)と、主治医の意見書と領収書を添えて、ご提出ください。
  3. 後日、決定通知を送付いたします。

 注意事項

  • 年度ごと、治療・検査に要した費用に対し、50万円を限度に補助します。(年度とは、4月1日~翌年の3月31日までのことをいいます。)
  • 支援金の請求の時効は、診療月の翌月の1日より起算して1年です。
  • 長野県の支援事業を優先してご利用ください。
    (お問い合わせ先:飯田保健福祉事務所 健康づくり支援課:電話 0265-53-0444 )

 

【問い合わせ先】保健センター 電話 0265-45-1230